幼児期は、知的・道徳的・身体的発達の基礎が作られているとても大切な時期です。
第一幼稚園では、子ども達に様々な体験の場を与えて、この基礎づくりをしっかりと導き、支えてあげたいと思っています。

本園の保育目標

全景1.きまりよく しんせつ ていねいな子に

2.はい すみません ありがとうがすらすらいえるひとに

たとえば、とび箱を使って元気よく運動する体操教室、筆を初めて手にしながら、紙いっぱいに文字を書く書道教室、けんばんハーモニカで楽しいリズムやメロディーを吹く音楽教室...。
はじめは自信なさそうな顔をしていた子も、次第に興味を持ちはじめて、やがて夢中になっていきます。
自分から取り組み、やりとげた子どもたちの顔は、ちょっぴり大人になれた喜びで、キラキラと輝いているもの。様々な体験を通して、豊かな人間性や個性を培ってほしい、 そんな願いを込めてつくった本園のスローガンは”がんばってごらん。やりとげてごらん。” 私たちは子どもたちの心に芽生えた小さな「夢中」を大きな「可能性」へと育んでいきます。

人間形成について

  • まじめな思いやりのある子に
  • しっかり挨拶できる子に
  • 自主独立の精神を持つたくましい子に
  • 美しい物に感動する情緒豊かな性格を持つ子に
  • 約束やルール・マナーを守れる子に

知性の開発向上について

  • 何事にも疑問を持つ幼児期に適切な回答を与え、また誘導して知能開発向上に努力致します。
  • 課内の教室として、専門の先生により、年少組(英語、体操、合唱指導)、年中組(英語、体操、絵画、水泳、硬筆、合唱指導)、年長組(英語、体操、習字、水泳、合唱指導、鼓笛指導)を行なっております。
  • 年に1回「むすび座」の観劇会を行なっております。
  • 毎日絵本・紙芝居の読み聞かせも行なっております。

健康教育について

  • 薄着の習慣をつけて、広い運動場で活動し、遊びの中で鍛えます。
  • 3年間を通して、専門の体育講師による身体機能発達促進の指導を致します。
  • 衛生に留意し、手洗い・うがいを励行し、玄関前で登園・降園時に手指の消毒を行なっております。
  • 夏季保育中は毎日プールに入り、冬季はマラソンやなわとびで鍛えています。

最後に・・・

  • しつけは、教育の土台です。将来優秀な能力を持っていても、きちんとしたしつけがされていないと我慢をする力・他人の気持ちを考える力・コミュニケーション能力が育たず、大きく成長できません。
  • 子どもは、親の姿を見て育ち、愛情を持ってしつけていく事が、子ども達を人として幸せにしていくのです。